文字のサイズ

  • 標準
  • 拡大

JA北魚沼

  1.  JA北魚沼
  2. 平成29年産米 栽培履歴カード(あぜ道日誌)、生産工程管理点検シート(GAP)、育苗履歴カード

平成29年産米 栽培履歴、
生産工程管理点検シート、
育苗履歴カードCultivated Rice

平成29年産米 栽培履歴カード(あぜ道日誌)、生産工程管理点検シート(GAP)、育苗履歴カード

近年、全国的に食の安全・安心を脅かす問題が発生している中で、新潟米の生産工程管理(GAP)の取り組みを推進しています。このチェックシートにより自己点検に努め、高品質で安全・安心な新潟米を生産しましょう。


平成29年産米用
【JA北魚沼米栽培履歴カード(あぜ道日誌)】

  • 「あぜみち日誌」で農作業の足あとを残しましょう。(「カレンダーページ」を活用してください。)

平成29年度あぜ道日誌(カレンダー)

  1. 記帳用紙 品種・栽培方法別に記帳するとともに、それぞれ代表的な圃場について記帳する。
  2. 記入方法 使用商品名は、正式名称で記入する。(育苗段階での使用資材は記入不要です。)
  3. 提出時期
    1. 第1回提出日は 7月下旬
    2. 第2回提出日は JA出荷時
  4. 提出方法 後日、回覧にて案内を致します。
  5. その他
    1. 栽培履歴の提出は「JA米」の要件であり、JAに出荷契約された農家の皆様は必ず提出して下さい。
    2. 飯米農家であっても、薮神カントリーエレベータ及びライスセンター等を利用の場合は、提出が必要となります。

【生産工程管理点検シート(GAP)】

  1. 記帳用紙 本年度の稲作に関する全作業を通して記入する。
  2. 記入方法 作付け圃場全体を対象に点検。
  3. 提出時期 JA出荷時(栽培履歴カードと一緒に提出)
  4. 提出方法 後日、回覧にて案内を致します
  5. その他 栽培履歴とともに消費者アピールにつながる重要な取り組みですので、記入漏れのないようお願いします。

栽培履歴は皆様方から押印後に提出いただきますので、JAでの修正や訂正はできません。

消費者や米業者から栽培履歴の開示を求められた場合、提出いただいた栽培履歴及びGAPシートをそのまま提示することとなります。

内容によっては、今後の取引に影響を及ぼすことも考えられますので、記帳及び提出の際は十分注意し、丁寧に扱って下さい。

全面委託や作業委託等で記入内容が不明な場合は、委託先へ記入を依頼するもしくは委託先から聞き取り、必ず記入し提出してください。


【JA北魚沼米育苗履歴カード】

  1. 記帳用紙 品種別に記帳する。(複数品種を育苗する方は、品種別に記帳して下さい)
  2. 記入方法 肥料・農薬の商品名は、正式名称で記入する。(納品書等で確認)
  3. 提出時期 栽培履歴第1回目の提出時(7月下旬)
  4. 提出方法 後日、回覧にて案内します。
  5. その他 生産者控が残りませんので、必要な方は提出後に営農センターへお申し出下さい。


●種子は自家採種せず、指定採種圃場産の種子を100%使用してください。
●播種及び育苗期間中に使用した農薬の廃液は、ルールに従って処理してください。
●種子や苗は、取り違えのないよう品種ごとに明確に区分してください。

各種書式のダウンロード

おすすめコンテンツPickup Contents

Facebook

ページトップへ